« 6月前半 | トップ | 佐藤玲さんがあの密着番組に出演! »

0714
6月後半
カテゴリー: いくよさおり

6/15
大人気でチケットが全日SOLD OUT(といっても実質タダ)だったというCHANEL Moile
Artへ。全員に貸し出された音声ガイドはブログなどを見ると否定的な意見が多かったけど、「普段現代アートを見ないけど、面白そうだから来てみた」という人にとっては有効なツールだったのではと思う。その後田尾創樹さんの作品を見に、表参道のシャネルブティックへ。「さくひんをみるのだ」という口実により堂々とお店に入ることができた(はず!?)。夕方、青山ブックセンターで新雑誌「ROCKS」をゲットしたり、夜は森美術館の「タナー賞の歩み」に行ったりと(すべて徒歩移動!)歩きまくった一日でした。


6/21
TARO NASUギャラリーCET(Central East
Tokyo)エリアとして知られるアガタビルに移転オープンし、そのオープニングパーティーが開催されていたのでのぞきに行く。すごい人だし、知り合いもいないので早々に退散。このエリアは新ギャラリーCASHIやラディウムなども近く、さらにアガタビルの2Fにはフォイルギャラリーも入っている。ギャラリーエリアとして盛り上がりをみせそう。


6/26
本日はexpop!!!!の日でしたが、イベント終了後にCINRA
MAGAZINE柏井編集長へのサプライズバースデーがありました◎わたしは「いい大人な年齢ですが、まだまだ成長期です!」というようなことを書いた気が…。ともあれ編集長、これからもよろしくお願いします!


6/27
ぴあ満足度ランキングで1位だったらしい映画「JUNO」を見に行く。ハートフルすぎず現実感があってとってもいい映画でした。終わったあと、「携帯電話が登場しないから、あれって96年ごろが舞台かもね」と言われなるほど、と思った。しかしなぜ今96年?


6/29
損保ジャパン美術館で「モーリス・ド・ヴラマンク」展。閉館間際でじっくり見られなかったのだが、フォーヴ派を代表するひとりであるヴラマンクの絵はなんだか異様なほど「上手」だった。晩年の絵は、写実的なんだけど誰とも違うタッチで、しかも空気感がなんだか不穏。なかなかまとめて見られる機会はなかったと思うので、もっと余裕を持ってくればよかったと後悔。


6/30
某研究会。課題図書は「ニュエコロミーの研究」。ニューエコロミーの研究を通してアメリカのドットコムバブルを検証すrutksha/sl;ovqa;。
話を聞くのがせいいっぱい。

"2008年08月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
rss atom