CINRA.NET CINRA MAGAZINE CINRA RECORDS exPoP!!!!! CINRA MAGAZINE Volume17

山本修路
アーティスト兼植木屋さんのつくる松

松を題材に作品を制作し続ける山本修路は、2008年4月に開館する十和田市現代美術館のコミッションワークに参加し、大作「松 其ノ三十二」に挑んでいる。

いまでも「松竹梅」の言葉に残るとおり、ニッポンの美の象徴である松。しかし実際に町で見ることは少なくなっているのではないだろうか? 山本の制作するアート作品としての松の魅力は、誇張された歪みや重力どおりに下へ下へと向かっていくさまであり、それをそのまま「海外から見たジャパン・ビューティー」や「私たちが“無い”のに言葉にすることで“有る”ように見せかける」ことへのすれ違いとしてもいいだろう。しかし彼は実際に植木屋でもあるので、両者の活動は相反する視点を持っているのかもしれない。

"1979年 東京都に生まれる
2005年 多摩美術大学美術学部油画科卒業
東京都在住

個展
2007年 「PINES」PH GALLERY, New York
2007年 lammfromm(ラムフロム)、東京
2005年 「松景」絵馬、東京
   「松景」ヴァイスフェルト、東京
グループ展
2006年 「Landschaft」ヴァイスフェルト、東京
   「百花繚乱」ボイスプランニング、神奈川
   「Aランチ」AXISギャラリー、東京
パブリックコレクション
十和田市現代美術館〈2008年春完成〉"

"2008年4月3日(水)〜4月26日(土)
山本修路個展「松景其之貳」
会場:ラディウム
詳細はレントゲンヴェルケのHP(http://www.roentgenwerke.com/index.html)にて"

自動でウィンドウが開かない方は
コチラをクリック!