CINRA.NET CINRA MAGAZINE CINRA RECORDS exPoP!!!!! シンラマガジン

新海岳人インタビュー

(インタビュー・テキスト:川瀬いつか)

自らの作品を「会話劇アニメーション」と称する新海岳人。文筆家としての側面を持ち、映像作品の中でもシナリオにこだわりをみせる。ユーモラスな作品の中に見え隠れする鋭い作家性。若手作家の中でも一風変わった作風で注目を集めるアニメーション作家・新海岳人氏にインタビューした。

メッセージがないものは作りたくない。
簡単な作りでも自分の中に持っているものを出せたらいいなと思っています。

―アニメーション制作を始めたきっかけを教えていただけますか?

まず、僕の根幹にあるのは「面倒くさい」ということなんだけれど、アニメを始めたのもそれがきっかけですね。高校の時に受験勉強が面倒で、友達が芸大に受験するのを知って、絵なら僕でも割と楽に巧く描けると思ったんですね。それで、受験したら運よく愛知県立芸大に受かったんです。それから、漫画が好きだったので大学では「漫画をやろう」って思ったんだけど、絵が巧い人は沢山いて。で、他のことをしようと考えたら、ちょうど学校の中で映像が流行ってたんでなんとなく始めた感じ。

―結構行き当たりばったりなんですね(笑)。

そうなんです。ただ、ポリシーはありますよ!だけど、作れるなら何でもいいんです。アニメは勿論やりたいけど、それだけをずっとやっていきたいわけじゃないです。今のスタイルでアニメを作るようになったのは、お話を作るのが好きだから。お話が作れればアニメでも良いし、他のことでも良い。
ちょっと固い話になってしまいますが、多分僕の作品を見て「これはアートだ」と思う人はあんまりいないと思うんですけど、僕としては、自分がやっていることはアートだと思っているんです。僕の言うアートの定義っていうのは、自分の持っているもの、人生的なものを作品に込めるということです。情報を動かすだけはアートではない。パッチワークに作る人の人生を込めたら、それはアート。料理だって、映画だって、アニメだってアートになる。

―作っているその人がアートということですか?

ちょっと違うかな。自分の中にあるものを出すのが、僕の言うアートです。ただ面白いもの、笑わすだけのものは僕にとってはアートにならない。例えば、僕が凄くお笑いが好きで、お笑いに人生かけてきた芸人で、漫才をして人を笑わせたらそれはアートになる。けど、僕は芸人じゃないから。僕がかけてきたこと、僕の中にあるものはお話を作るっていうこと。だから、僕にとってのアートは「お話を作ること」なんです。映画でも小説でも、アニメでも、お話を作りたいですね。

―なるほど。今は主にアニメーションで、新海さんのアートを実行されているというわけなんですね。では、いくつもアニメーションという方法でお話を作ってきて、初めの頃と今とで何か変わったことはありますか?

最近は、実際にアニメーションさせる作業は友達に頼んでいます。時間がないというのもあるんだけれど、アニメーションの作業自体には思い入れがあまり無いんですね。出来たものに対しては愛情はあるし、考えることはあるんだけど、実作業の部分は人に頼んでも良いと思ってます。こうしたいって伝えて指示をするのは自分だから、人にやってもらってもそれは自分の作品になります。昔は漫然と作ってた。今はもっとこうしたいって考えて作りますね。だから、人にやってもらっても大丈夫。あと、一人で作るのは気力と労力がいるから面倒くさいとも思っちゃう。そういう所は変わってないですね。

―作り手だからこうしたいっていう自我が当然あるわけですが、だからといってあまり抱え込まず、上手く割り切っている感じですね。作品の持つ、ほど良い脱力感に通じています(笑)。作品作りで気をつけていることがあればうかがいたいのですが、やはりセリフ回しや会話のテンポなどに気を遣いますか?

気をつけているのは、ただ面白いだけにはしないこと。自分がいいなと思うものを作るようにしてます。他人から見たらわからないかも知れないけれど、メッセージがないものは作りたくないと思っていて、簡単な作りでも自分の中に持っているものを出せたらいいなと思っています。
その器の一つが「会話劇アニメーション」です。会話劇アニメーションで重要なのはテーマと設定だと思っています。会話の機微だとかオチをつけることとかっていうのはただのエッセンス。ちゃんとしたテーマや設定があってはじめて、ようやく「作品」になるんじゃないかなと。例えば「もしもし」という作品も、娘の父親と娘の彼氏が普通の人間だったら別に面白くもなんともない。固定電話で父親、携帯電話で娘の彼氏を表現したっていうキャラクター設定ありきだと思います。
あと、気をつけているのは、思い入れだけで作らないこと。凄い自分の思い入れのある作品を作ったことがあったんだけど、結果的に失敗してお蔵入りしました。そうした失敗から、ちょっとハズすというか、笑わせる余裕があるように作ってますね。その会話のエッセンスは、主に友達との飲み会から拾って来てます。

―今回掲載させていただく「山と人」は、その思い入れと余裕のバランスがうまく取れているように感じました。あの作品はどういう経緯で作られたのですか?

あれは、友達とのグループ展で、何かテーマを設けて作ろうってことになって僕が「山」っていうテーマでやろうと言ったのがきっかけですね。僕は名前に「岳」って言う字があるんですが、それは両親がワンダーフォーゲル部で出会った所に因んでるんです。つまり、自分にあるものからテーマを持ってこようとして作った作品なんです。「山と人」というタイトルが自分の名前「岳人」になってるのは後から気づいたんですが。

―今後作ってみたい作品や理想とする制作スタイルはありますか?

自分の作品を観返すことは照れちゃうからないんだけど、人が自分の作品観て喜んでたり「観たよ」とか言われると嬉しい。あと自分の作品が増えてくのが好きなんですね。ほんとは色んなジャンルのものをたくさん作って自分の作品に囲まれたい。まあ、面倒くさがりだから無理なんですけど。

―ライブイベントなどもやられていますよね?

たまーにですけど、友達とライブイベントに出たりします。僕は小芝居やったり。制作スタイルの理想を言えば、お酒飲んで皆でわいわいしながら作れたらいいんだけど、映像だけでは中々できないじゃないですか。だから、芝居とか音楽とか組み合わせて色んなことをやってみたいですね。あとは、売れたい!売れに売れて「ごきげんよう」に出たい!

―そうですか(笑)。CINRAでは「exPoP!!!!!」というイベントを毎月やっていますので、是非出演してください!

ええ、是非!何もネタはないですけど、今から考えます!

自動でウィンドウが開かない方は
コチラをクリック!