CINRA.NET CINRA MAGAZINE CINRA RECORDS exPoP!!!!! シンラマガジン

吉田裕亮の『その後の半身反義』は、今年7月、ドキュメンタリー映画『半身反義』を公開した竹藤佳世監督が、作品の被写体である山岸達児氏を訪ね、完成作品を見てもらうまでを生々しく記録した作品だ。ドキュメンタリーでは、編集が終わることが、作品の完成ではない。上映後の被写体との関係性までを含めて、ひとつの作品だ。『その後の半身反義』には、監督と被写体という関係だった二人の「その後の」ふれあいを撮影することで、映画によってつながった人間関係とは何かを記録したいという、吉田の欲望を感じ取ることができる。

自動でウィンドウが開かない方は
コチラをクリック!